能勢街道踏破ウォークの続きです
(75/137)
三国橋は車道より一段高い場所に歩道が用意されています
入口が階段になっているので自転車も車道を走ります
(76/137)
ウォーキング隊は三国橋を堂々と踏破します
(77/137)
三国橋北詰にあった周辺地図
見ると天竺川という小川が神崎川に注いでいるのがわかります
(78/137)
三国橋商店会には年配の方々には懐かしい商店街の姿が残っています
(79/137)
住居と店舗を結ぶ空中の中廊下のある家も珍しいですね
(80/137)
とある理容店の軒先のクルクルに目が行きました
このモデルの少年も今では立派なおじさんになっていることでしょう
(81/137)
三国橋商店会のシンボルはこの2色の電灯です
夜になるとさぞかしきれいに輝くことでしょう
(82/137)
ばんちゃんが注目したこんの建物
CocaColaの古い看板が掛けられた壁の煉瓦の色が非常に渋いです
(83/137)
激安自動販売機
段が上に行くほど価格が上昇します
(84/137)
三国1丁目児童遊園の塀の標語板
妙な言い切りが面白いです
(85/137)
能勢街道は天竺側横を並行して続きます
(86/137)
このあたりも三国橋商店会の範囲のようです
(87/137)
天竺側沿いの能勢街道にはこのような小さな公園がいくつかありますが、犬の糞が酷くて簡単には中に入れません
(88/137)
天竺側の岩壁はコンクリートでがちがちに固められており、川というよりは水の通路としての色合いが濃いようです
(89/137)
天竺側と西国街道間の柵にあった標語板
わざと溺れる人は(一部を除いて)いないとおもいますが
(90/137)
このあたりから非常に道幅が狭くなってきます
ご覧のように車一台通るのがやっとなくらいです
(91/137)
天竺側は完全な天井川で能勢街道の左手は急な坂になっています
そこを子どもたちが勢いよく自転車で下ります
事故には気をつけてね!
(92/137)
このあたりの上空には少し手を伸ばせば掴めると思うくらい近くを飛行機が飛びます
この騒音、さぞかし近所の人たちは迷惑していると思います
(93/137)
しばらく歩くと能勢街道は天竺側から外れます
(94/137)
これは松下の工場の煙突です
(95/137)
能勢街道沿いの東屋に小さなお地蔵さんを発見しました

詳細写真
(96/137)
名神高速道路下を通る能勢街道
(97/137)
高速道路の下の空地には公園があり汽車の形をしたジャングルジムが設置されています
(98/137)
名神高架下を過ぎると直ぐに表れるのが内環状線の高架道路
そしてすぐ横には国道176号線が走っています
(99/137)
一時能勢街道は国道176号線に合流します
(100/137)
阪急タクシー本社横を通過
(101/137)
服部南町交差点手前、再び国道176号線から分離して独歩する能勢街道
(102/137)
小さな商店街の角を右折して再び北上します
(103/137)
よっちゃんの好きなちりめん山椒店おく忠
(104/137)
焼肉冷麺朝鮮料理の平城園
看板には牛のマーク(?)があしらわれてます
(105/137)
なんとレトロな看板でしょうか
(106/137)
ユニーク看板が並んでいます
日本盛り蟻、焼き鳥の店天下とり、豊中ホット研究所
(107/137)
昼食ポイントの服部天神宮は目の前です
(108/137)
足の神社、服部天神宮で一休みさせていただきます
ありがとうございます
(109/137)
スタートから服部天神宮まで
韓国人チャリダーに頂いたMAGELLANの携帯GPSの距離計は8.68kmを指しています
手水舎でお水をいただきました
(110/137)
境内には無料のお手洗いも用意されています
(111/137)
能勢街道再出発!
(112/137)
田中カメラさん
(113/137)
阪急服部駅前には服部会館というパチンコ屋さんがあります
店の天井を元気に走り回るキャラクターはもしや!

詳細写真
(114/137)
服部元町1丁目に黒猫を発見!
9月13日の下見の日はちゃんと番をしていましたが…
(115/137)
20日の本番ではグデーと横になっていました
耳は立てているので起きてはいるようです
(116/137)
能勢街道横に水路が現れました
道標によるとこれは中央幹線景観水路という平成15年に出来上がった水路だそうです。
服部元町2丁目から寸賀尻桶門のある旧猪名川までの約3.2kmに跨るそうです。
(117/137)
中豊島小学校を過ぎて豊中四中前交差点を横断して国道176号線と合流します
(118/137)
本来写真の右側へ続く道が能勢街道ですが参加者の一部の方は引き続き国道176号線沿いを歩かれました
(119/137)
とある民家の軒先に千羽鶴?いや万羽鶴が飾られていました
(120/137)
可愛い飛び出し坊や(少女)現れました
(121/137)
年代物の雰囲気を醸し出す外観の左官屋さんです
(122/137)
二つ目の休憩スポットである長興寺公園です
(123/137)
長興寺公園の一角、水道場所では洗髪をする男性の姿が
非常に暑かったので気持ちよさそうです
(124/137)
この辺りも道がすこし複雑で係の方が交通整理を行っています
(125/137)
南桜塚交差点手前に面白い石像を発見
桜塚清交会が昭和11年11月吉日に寄贈されたそうです
(126/137)
南桜塚交差点の南西角に店を構える杵屋さん
一階と二階のつなぎ目が妙に斜めになっています
ある人の話によると昔はこのつなぎ目に沿って能勢街道が通っていたとか
(127/137)
南桜塚交差点で再び国道176号線と交差して能勢街道はこのような狭い街道になります
(128/137)
そろそろゴールの原田神社が近づいてきました
この辺りは岡町という地名が示すとおり高い丘になっているようです
西国街道がその頂点なのか左手の家のちょうど2階が我々の目の高さにまで迫っています
(129/137)
能勢街道沿いから下に伸びる階段
この下に一度降りてい見たいものです
(130/137)
桜塚商店街の入口が見えました
(131/137)
この商店街を進むとゴールの原田神社に着きます
(132/137)
商店街の一角に演歌のポスターを発見
(133/137)
さぁゴールの原田神社に到着です!
(134/137)
続々と到着される参加者の方々
(135/137)
大多数が年配の方々でしたが中にはこのように若い女性の方も参加していらっしゃいました
(136/137)
恐らく今回の能勢街道踏破ウォークで最年少の参加者でしょう
この小さな体で約11kmを歩ききったのですから大したものです
(137/137)
哲平とばんちゃんのJOBBB局員は原田神社から徒歩5分の阪急岡町駅から電車に乗って千里中央の本局へ帰ります
次回の能勢街道踏破ウォークは10月25日(土)阪急岡町駅〜阪急池田駅の約7kmです
詳しい情報はこちらまで

前のページへ戻る

表紙へ戻る